度ありカラコンの王国 > カラコン豆知識 > ネイルが邪魔?カラコンを上手に着脱する方法

ネイルが邪魔?カラコンを上手に着脱する方法

Pocket

オシャレで爪を伸ばしていたりつけ爪をしている人は多いのですが、細かいものを扱わなければならない時には少し不便です。カラコンをつけたり外したりする際にも、長い爪が目に迫ってきて怖い思いをしているかたがいるでしょう。
気をつけなければ目を傷つけてしまう可能性があるので、カラコンの取り扱いには充分に気をつけなければなりません。かといって爪は短くしたくない、そんなかたは適切な扱いかたを身につけることが必要です。

指を2本使ってレンズを摘むようにする

まずケースからカラコンを取る際、指の腹を使って掬おうとすると爪の中に入ってしまうことがよくあります。せっかくのレンズを損ねてしまわないように、親指と人差し指を使ってレンズを摘むように持ちましょう。
装着する時には改めて指の腹に乗せてから目に対して指を横向きにし、爪が入らないように目に入れてください。

装着したレンズを外す時のコツ

普通にレンズを指で挟もうと思っても、爪が邪魔になって上手く取り外せません。そこで、上目蓋と目の下を指で押さえてレンズを中央に寄せるようにすると、目からレンズが浮いてポロッと落ちやすくなります。
コツを掴むと、目に指を入れる必要なく取ることができて便利です。

取る前には目薬で目を潤そう

目が乾いていると張りついてしまい取り外しにくくなりますし、無理矢理剥がそうと何度も挑戦すれば目に負担をかけてしまいます。
カラコンを外す前に目薬で水分を補給しておけば、レンズと目の間に入り込んで簡単に外れやすくなりますので、時間をかけないためにも利用するのがおすすめです。

指だけではなく、爪や爪の間もしっかりと洗って清潔にしてからカラコンを取り扱うことが大切です。また、万が一爪で目を傷つけてしまった場合には、直ちに医師に診察を受けるようにしてください。
それ以外でも爪が長い分、目を傷つけるリスクが高まってしまいます。面倒がらずに定期検診を怠らないようにしましょう。

カラコン豆知識

装着レビュー