度ありカラコンの王国 > カラコン豆知識 > 用法を確実に守れば、目のトラブルなく使えます!

用法を確実に守れば、目のトラブルなく使えます!

Pocket

現代では、ファッションの一部と言うよりはメイクの一環としてあたりまえの存在になったカラコン。
目ヂカラがあっぷして、黒目が大きくなるだけでなく縁取りに柄が書いてあって近くで見るとより印象的な目元になる柄コンも人気ですね。

現在30代半ばの私が高校生の時にカラコンが出始めました。
使い捨てレンズではなく、ソフトレンズでした。
今は、ワンデーやツーウィークが主流ですね。

私のカラコン歴はとても長く、青春時代から15年使い続けてきました。
今だからこそ、安全にオシャレなカラコンを楽しむことが出来ますが、若い頃は何度も目のトラブルを起こして何度もコンタクト使用禁止と眼科で言われました。

普通のコンタクトレンズと違い、カラコンは酸素透過生が低いのです。
カラコンは、すぐに乾くし装着時間が長くなれば長くなるほど酸素透過生が悪化して、トラブルに繋がってしまいます。
カラコンは、お出かけの時にだけ装着するようにしなくてはなりません。
家に帰ったらすぐに清潔な手でレンズを外すこと!
これが、何よりも目のトラブルを防ぐ手段です。

洗浄やすすぎも丁寧に。
洗浄液もケチらずに、カラコン専用のものを選ぶと乾きにくくなります。

そして、1番やってはいけないことは、カラコンをつけたまま眠ることです。
私は、この眠ることで角膜潰瘍になってしまい目が開けられなくなり眼球に軟膏を塗ると言う恐怖の処置を自分でしなくてはならなくなりました。
うたた寝も、危険です。
眠いならレンズを外すこと!

万が一、目の充血や違和感を感じたらすぐに眼科に行き目薬をもらって、カラコンを休むこと。これも大事です。

そして、レンズの使用期間は絶対に守ること。
ワンデーを1日以上使ったり、ツーウィークを2週間以上使ったりしてはいけません。
酸素透過生の良い使い捨てレンズでは、大丈夫でも酸素透過生が悪いカラコンは使用期間内で処分しましょう。

要するに、用法を確実に守れれば安全にオシャレなカラコンを使用することが出来ます。

カラコン豆知識

装着レビュー